Teacher教員紹介

大畑 光司

研究領域 リハビリテーションロボット/デバイスの開発
脳卒中に対する歩行リハビリテーション
小児疾患、運動発達促進に向けた理学療法
担当科目 神経理学療法学など
学生へのメッセージ 脳卒中、脳性麻痺のリハビリテーションの中核となる理学療法は、技術の発展に応じて、ロボットやデバイスの様々な改善が進んでいます。京都大学では先端的なリハビリテーション機器の開発に直接関わっている経験に基づき、今後あるべきリハビリテーションの未来に触れることができる講義を目指します。
リンク